冠婚葬祭にはお金が必要……キャッシングが頼れる味方!

冠婚葬祭の時もキャッシングは使える!
未分類

祝儀のお金を借りる

17年3月20日

結婚式は数か月前から報告があって、出席に向けての準備ができるので香典のように急にお金が必要で持ち合わせがないというケースは少なくなるでしょう。しかし祝儀を包む場合、年代や相手との関係性によって若干異なるものの、だいたいの人が3~5万円包んでいく傾向がみられます。しかし結婚式の場合、祝儀以外にもいろいろな費用を負担する必要があります。たとえば衣装や小物代がかかってくるでしょうし、結婚式場に行くまでの交通費も負担しなければなりません。そうなると5万円を超えて、人によっては10万円近い費用を捻出しなければならないこともあり得ます。

ほかにも生活費などの出費をしていかないといけないので、結婚式に向けて祝儀を自前のお金で準備できないという人も出てくるでしょう。そのような時に活用したいのが、キャッシングサービスです。キャッシングは即日審査・即日融資に対応しているところも多いので、結婚式直前に借り入れして祝儀をねん出することも可能です。

参照リンク・・・キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト
即日融資ができるキャッシングサービスを行っています。

家族や友人の一生に一度の晴れ舞台には、ぜひとも立ち会いたいと思っている人も多いでしょう。しかし祝儀のお金を準備できないがために出席しないのはもったいないです。お金がなければ、キャッシングで一時的に借り入れすることも検討してみてはいかがですか?