未分類

祝儀のお金を借りる

By on 17年3月20日

結婚式は数か月前から報告があって、出席に向けての準備ができるので香典のように急にお金が必要で持ち合わせがないというケースは少なくなるでしょう。しかし祝儀を包む場合、年代や相手との関係性によって若干異なるものの、だいたいの人が3~5万円包んでいく傾向がみられます。しかし結婚式の場合、祝儀以外にもいろいろな費用を負担する必要があります。たとえば衣装や小物代がかかってくるでしょうし、結婚式場に行くまでの交通費も負担しなければなりません。そうなると5万円を超えて、人によっては10万円近い費用を捻出しなければならないこともあり得ます。

ほかにも生活費などの出費をしていかないといけないので、結婚式に向けて祝儀を自前のお金で準備できないという人も出てくるでしょう。そのような時に活用したいのが、キャッシングサービスです。キャッシングは即日審査・即日融資に対応しているところも多いので、結婚式直前に借り入れして祝儀をねん出することも可能です

家族や友人の一生に一度の晴れ舞台には、ぜひとも立ち会いたいと思っている人も多いでしょう。しかし祝儀のお金を準備できないがために出席しないのはもったいないです。お金がなければ、キャッシングで一時的に借り入れすることも検討してみてはいかがですか?

参照リンク・・・キャッシング・消費者金融は新生銀行グループの【ノーローン】公式サイト
即日融資ができるキャッシングサービスを行っています。

未分類

香典のお金がない

By on 17年3月19日

葬儀は突然出席の必要に迫られることもあります。たとえば最近ほとんど会っていない家族や得意先の場合、突然の訃報が届くこともあるでしょう。また不慮の事故によって、突然知り合いが亡くなってしまうことも想定できます。急に葬式に出席することになって、香典を包みたいけれども持ち合わせがないという事態も十分想定できます。

葬式に参列する際、香典をいくら包めばいいのか迷う人もいるでしょう。葬儀の相手との関係性によって、相場は違ってきます。家族の場合、両親であれば5~10万円と多少多めに包む必要があります。兄弟であれば5万円、祖父母は1~3万円、そのほかの親族であれば2万円を上限として金額を考えればいいでしょう。会社関係の場合、上司や同僚は5000円から1万円、その家族なら3000円から1万円が相場となります。

このようにそれなりのお金を包んで葬式に参列する必要があります。急に数万円用意しろといわれてもなかなかそうもいかないという人もいるはずです。その場合にはキャッシングで借り入れすることも検討しましょう。午前中までに申し込み手続きが完了して審査通過すれば、夕方ごろまでには自分の口座に必要なお金が振り込まれています。その日夜の通夜にも香典を持って参列できるでしょう。

未分類

冠婚葬祭でお金がない

By on 17年3月18日

社会人になると冠婚葬祭に出席する場面もいろいろと出てくるでしょう。自分の家族や親せきはもちろんのこと、会社の上司や同僚、お世話になっている得意先の冠婚葬祭に付き合いで出席することもあるかもしれません。冠婚葬祭に出席するにあたって、祝儀や香典などを包む必要があります。どの程度の金額かは相手との距離感や地方によって若干違ってきますが、3~5万円程度、多ければ10万円程度はかかるのが一般的です。

数万円をいきなり準備するとなると、普通の人にはそう簡単なことではないでしょう。月に何度も冠婚葬祭に出席することになった、給料日前に出費が必要になった場合に自分の手持ちで祝儀や香典が準備できないという事態も起こりえます。このような場合に重宝するのは、キャッシングサービスです。キャッシングサービスは、融資したお金をどのように使ってもその人の勝手です。

しかも最近のキャッシングサービスの傾向として、スピーディに融資してくれる点も注目です。即日審査に対応しているところは多く、早ければ申し込みをして30分くらいで審査結果を通知してくれるところもあるほどです。また午前中など早めに申し込みをすれば、その日のうちに融資してくれるキャッシングも見られます。

仕事が忙しくて、店舗や自動契約機に行って手続きをしている暇がないという人もいるでしょう。その場合でもWEB申込に対応しているキャッシングもあって、一切来店することなく借り入れできるところも見られます。冠婚葬祭の時の急な出費でも、キャッシングがあれば必要な資金を確保できるはずです。